鍛治屋 憲一郎

関わるもの全員の立場になって考え、行動する

鍛治屋 憲一郎

平成12年度入社 工事部

中途入社、主に交通安全施設工事・法面保護工事・橋梁補修工事をメインに施工管理業務を担当。現在は公共工事への入札の為の積算業務や、工事の現場監督として部下や協力業者に指示を出し、担当工事の施工管理業務を手掛ける。

入社当時は右も左もわからない状態で不安でしたが、仕事をしていると毎日が新しいことの連続で、忙しくも充実した日々を送っています。もちろん中には辛いことや苦労することもありますが、社内には頼りになる上司や同僚がいますので、自分一人で抱え込まず、相談して色々なアドバイスをもらっています。 そうして苦労を乗り越えた末に、何カ月もかけて施工した現場が完成した時や、現場周辺の方々に褒めて頂いた時が仕事をしている中で最も嬉しい瞬間です。どんな苦労も問題を解決してしまえば良い思い出話になってしまいます。

地道な努力の積み重ねが目標への近道

技術者として常にスキルを磨くことを目標としていますが、毎日コツコツと地道に積み上げていく努力こそが目標達成の近道だと思っています。 また、この仕事は一人の力では成立しません。他人との協力が何より大事なので関わっている方々の立場になって考え行動することを心掛けています。 そして、今後は自分自身の成長だけでなく、若手社員がのびのびと働けるように手助けしていきたいと考えています。
就職活動をしている方たちに向けて一言
就職先を決めるという事は、この先の人生を左右する一大イベントです。後悔しないよう、多くの方の話を聞いて将来を考えてください。 この先どんな道に進んでも、苦労する事はたくさんあります。そんな時逃げず乗り越える為にも自分自身で決断することが大事です。 新栄で一緒に働ける事を楽しみにしています。
新卒採用募集エントリー