採用案内
RECRUIT

先輩社員インタビュー01

関わるもの全員の立場になって考え、行動する

平成12年入社 工事部所属

中途入社、主に交通安全施設工事・法面保護工事・橋梁補修工事をメインに施工管理業務を担当。
現在は公共工事への入札の為の積算業務や、工事の現場監督として部下や協力業者に指示を出し、担当工事の施工管理業務を手掛ける。

− 入社の決め手
これといった決め手は無いが、外での仕事が性分に合っていたので入社を決めました。
− 普段の業務
・担当工事の施工管理
(発注者との打合せ・施工業者との打合せ・工事の進捗・原価管理等)
・後輩社員の管理・指導
・入札予定工事の積算(見積)業務
・ISO管理責任者としての管理業務
− 仕事のやりがい、大変なところ
条件の悪い工事をやり遂げた時。現場周辺の地元の方々に「大変だったけど頑張ったね」とか、「ありがとう」と言われた時。
同じ工事を行うにしても、同じ条件下(気象条件・現場周辺の環境等)での作業は無いので、その都度状況を把握し、作業員の安全や工事の品質を確保する事。
− 社風について
幅広い年齢層の社員がいるのですが、あまり年の差は気にする事がなく、和気あいあいとしています。

求職者に対してのメッセージ

就職先を決めるという事は、この先の人生を左右する一大イベントです。後悔しないよう、多くの方の話を聞いて将来を考えてください。
この先どんな道に進んでも、苦労する事はたくさんあります。そんな時逃げず乗り越える為にも自分自身で決断することが大事です。
新栄で一緒に働ける事を楽しみにしています。

先輩社員インタビュー02

受注した時の喜び、無事に完了させた時の達成感

平成16年入社 営業部所属

大学卒業後入社、主に外回りの営業を担当。
入社時から約半年は内勤業務を担当し、その後2年間の営業サブ業務を経験後、3年目より現在の外回りの営業を担当する。

− 入社の決め手
建設物、建造物への憧れから入社を決めました。
− 普段の業務
・受発注、見積もり作成などの内勤業務
・建設会社への訪問
・現場の管理など
− 仕事のやりがい、大変なところ
受注した時の喜び、また、完納した時の感動。
工期、工期等に関わる時間の管理・厳守する大変さ。
− 社風について
個々の能力を自分のやり方で最大限に生かせるところが魅力です。

求職者に対してのメッセージ

当社では扱う資材が多岐に渡るので、最初は在庫品を見たり、内勤したりして資材の種類を覚えました。
経験を積んでからは設計書を見て必要な材料をピックアップしていくという感じです。
経験を重ねるごとにやりがいを感じます。
共に新栄で働きましょう。

先輩社員インタビュー03

楽しく仕事をするのも自分の気持ちと行動次第

平成27年入社 営業部所属

中途入社、主に鹿児島市内の土木・建設業者様への営業を担当。
入社当初は資材部に所属し、土木・建設資材の配送業務を担当し、その後営業部に転属。現在は、資材販売及び下請け工事(主に交通安全施設設置工・フェンス設置工)の営業活動を行なっている。

− 入社の決め手
前職から引き続き、好きな土木・建設業界での再就職活動を行っていたところ、土木・建設資材を幅広く扱っていて自分の今までの経験を活かしスキルアップも測れると思い、書類選考・面接を受け入社に至りました。
− 普段の業務
主に公共工事を担う土木・建設業者様に土木・建設資材の販売と交通安全施設設置工事や民間のフェンス設置工事等の施工を受注します。
設計書類を閲覧し資材・工事について見積提出後、お打合せを行い受注出し、現場の工程に合わせた材料発注、入荷の手配、納品・施工等が主な業務内容です。
− 仕事のやりがい、大変なところ
お客様へ寄り添い、サポートすることを心がけております。
問題クリアのお手伝いができ、お客様からの「ありがとう。」「今後も頼りにしているよ。」など、うれしい言葉をかけていただいた時、自分も役に立てたなあ。と嬉しく思います。
大変なところは、取り扱う土木・建設資材の種類が多いということです。
− 社風について
組織の中にありながら社員と部所間の垣根をあまり感じることなく、常に社員相互の協力体制を重んじている。

求職者に対してのメッセージ

楽しく仕事をするのも自分の気持ちと行動次第だと思います。
主に鹿児島県内での建設業界での仕事に興味のある方、まずは履歴書をご準備ください。
新栄で一緒に働ける日を楽しみにしています。

先輩社員インタビュー04

工事完了後の達成感は、苦労した分大きくなる

平成27年入社 工事部所属

中途入社、主に施工管理業務を担当。
入社当初は先輩社員の現場に同行し、施工、写真管理業務補助を行い、現在は交通安全施設工事・法面保護工事・橋梁補修工事をメインに施工管理業務を行なっている。

− 入社の決め手
以前よりものづくりに興味があり、「地域に貢献できるものづくり」を目指したく、建設業界へ転職を考えていた時に、新栄が交通安全施設や法面保護工事・橋梁補修工事等をメインに行っていることを知り、自分の目標とする仕事ができると思い、新栄で働きたいと思いました。
− 普段の業務
現場管理・運営を担当。
担当工事が滞りなく進むように関係各所への提出書類や報告書の作成、現場に出て工事の現場監督として協力業者や施工担当者に指示を出し、担当工事の施工管理業務を行っています。
− 仕事のやりがい、大変なところ
わからないことや、悩むことも沢山ありますが、工事の完了後の達成感は、苦労した分大きくなると思います。
現場管理を行う上で、自分より知識のある年上の作業員さんに対して指示を出し、同時にその通り工事を進めてくれているか管理するのは大変な部分があります。
先輩にアドバイスをもらい、時には作業員さんの経験や技術力に手助けをもらいながら困難を乗り越えています。
− 社風について
先輩社員はとても優しく、相談しやすい環境だと思います。
また、資格取得に会社が積極的なので、自分のスキルアップをする為には良い環境です。

求職者に対してのメッセージ

「何年後どうなりたいか人生設計を立て、常に勉強する気持ちでいる」ことが大切だと思います。
土木施工管理技術者の受験資格に実務が必要ですが、その間、ただ作業をこなすだけだと、学ぶべきことを見落としてしまいます。
一つ一つの仕事に興味を持ち、疑問を持って日々勉強することが夢を実現させるための近道になると思います。

お問い合わせ CONTACT

ご相談・ご質問などございましたら、
どうぞお気軽にお問い合わせください。

TEL.099-262-3000(営業時間 8:30〜17:30)

お問い合わせはこちら
ページトップへ